サイトデザインなら専門業者にお任せ【口コミを参考に会社を探そう】

映像作品で心をつかむ

ビデオカメラ

見たいと思わせる作品作り

ブロードバンドが普及したことで、データ量の多い動画でも気軽に視聴できる環境が出来上がっています。スマホの普及でネットの利用者も格段に増えており、動画マーケティングは企業の情報を拡散する上で効果的な手法となりました。一方で動画マーケティングの活用を始める企業も多く、ライバルに打ち勝つにはノウハウも必要です。ポイントを抑えた動画づくりを進めるためのコツを学んでおきましょう。わかりやすく視聴されやすいという特徴がある動画ですが、時間の長い作品では視聴者に飽きられることも考えられます。見てもらうには、作品の長さをコンパクトにまとめることが重要です。説明したい点が多い動画の場合は数分以内、インパクトを重視するなら1分以内に収まることを目指すようにしましょう。短い動画であれば視聴者も見たいと感じ、再生回数の増加も期待できます。作品を短くするには、動画中で伝えたいことをはっきりさせるようにします。あれもこれもと含めてしまうと長くなるため、要点を一つに抑えると良いでしょう。過剰な演出も作品を長くしてしまう要因です。効果的な動画マーケティング作品を作るには演出はできるだけ省き、いきなり本題に入るぐらいの編集を考えるのもいいかもしれません。誰かを傷つけるような作品では、動画マーケティングも失敗してしまいます。ネット利用者は悪意を感じる行為に対して炎上しやすく、場合によっては企業イメージが下がる可能性もあります。制作の時点から誤った方向へ進んでいないか、多くのスタッフの意見を取り入れながらチェックしてください。完成後にも複数の社員で鑑賞することで、問題点を取り除くことができます。

人気記事

模型

制作だけではない

不動産は1回あたりの取引額が大きいので、ホームページの出来栄えが特に重要な業界です。ホームページを外注で制作してもらう時には、ホームページの中身や運営方法だけではなく、集客や宣伝にも詳しいところを選ぶ必要があります。

ビデオカメラ

映像作品で心をつかむ

高速インターネットやスマホの利用者が増えたことで、動画マーケティングは以前よりも効果を得やすい宣伝手法として考えられています。より多くの人に見てもらうには、伝えたいことを一つに絞り、要点を抑えた作品作りを心がけるようにします。

Copyright© 2017 サイトデザインなら専門業者にお任せ【口コミを参考に会社を探そう】 All Rights Reserved.